診療のご案内

丸の内メガネセンター

Mobileからもご覧になれます

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症について

糖尿病の三大合併症の一つで、腎症、神経障害と並んで挙げられる病気です。罹病期間が長いほど発症率も高く、血糖コントロール不良の状態が長期にわたると多くの場合、網膜をはじめ目の組織にさまざまな障害が起こってきます。目に特に異常が感じられない場合でも、半年から1年ごとに眼科専門医を受診してください。
糖尿病や高血圧など、体の病気にともなって目に変化が現れることがあるため、内科の先生とも連携をとりながら治療を進めてまいります。

病期によって分けられる糖尿病網膜症

病状により大きく分けて3つの状態に分けられます。視力低下を引き起こす 糖尿病性黄斑浮腫はすべての時期で起こる可能性があります。

単純糖尿病網膜症

自覚症状はありません。定期的な観察が必要です。

増殖前糖尿病網膜症

視力低下など自覚症状も無い場合があります。レーザー治療が必要なこともあります。

増殖糖尿病網膜症

自覚症状が現れてきます。レーザー治療に加え、進行を阻止出来ない場合は硝子体手術が必要になります。

糖尿病黄斑浮腫

網膜の中の視力に関して重要な部分である黄斑部に、むくみが生じた状態です。急に視力が低下します。レーザー治療、注射による薬物治療、硝子体手術が必要になります。

  • Topへ