診療のご案内

丸の内メガネセンター

Mobileからもご覧になれます

その他の眼底疾患

加齢黄斑変性について

眼底の一番大事な中心部分である黄斑部が、加齢による異常現象により出血や浮腫(むくみ)を起こし、視野の真ん中が見えにくいや歪むなどの症状が出る病気です。
加齢黄斑変性は、欧米では失明原因の第1位を占める疾患です。日本では比較的少ないと考えられていましたが、人口の高齢化と生活の欧米化により近年著しく増加しており、失明原因の第4位となっています。
病名中の「黄斑」とは、網膜の中心にある、直径1.5~2mm程度の物をよく見るときに使う、たいへん重要な部分です。黄斑に異常が生じると、それがわずかなものでも視力を低下させ、しばしば回復が困難となります。
自覚症状としては、視力低下、物が歪んで見える、見たい所が見えない、などがあります。

  • Topへ